京つう

  日記/くらし/一般  |  関東地方

新規登録ログインヘルプ


2008年01月28日

帰京しました

今では東京に帰ることを『帰京』というらしいのですが、京都に住んでいる人はやっぱり今でも京都に帰ることを『帰京』と言っているのだろうか?そんなことはさておき…。

無事に東京に帰ってまいりましたが、今日の僕の足取りはこんな風になりました。

相国寺 瑞春院 - 承天閣美術館 - 京菓子資料館(俵屋吉富) - はれま

本当は京菓子資料館で抹茶を飲んだ後西陣方面まで歩いたのですが、織成館も茶道資料館も月曜日は休館日で建物の前まで行ってあきらめて帰ってきました。「これはいつかもう一度西陣まで来なければならないなぁ」と思ったので、今日は西陣を見て回るのをあきらめて以前から気になっていたちりめん山椒のお店『はれま』に行って早めに東京に帰ってきました。

『やよい』のちりめん山椒は京都の伊勢丹の地下でも買えるので新幹線に乗る前によく買って帰ったりしたのですが、『はれま』のちりめん山椒は今まで買ったことがありませんでした。ただ今では東京のデパートでも買えるらしいのでいざとなったら日本橋の高島屋に行けば手に入れることは簡単だったりするのですけどね…。

僕は東京に住んでいるので京都のものでも普段から比較的容易に手に入ります。それに京都館もいつでも行けるので、実は自分のための京都土産を選ぶ時には結構苦労したりするのです。というのも、京都のおみやげ屋さんで目にするものは大抵その気になれば東京でも買えるものばかりでして、漬物や京菓子などを見ているとすぐに「これいつでも買える」と思って買う気が失せてしまうのです。

そんなわけで今日も帰りに漬物を買おうと思っていろいろ物色していたのですが、結局『京都限定』というシールが貼られている漬物だけを買って帰ってきました。あれこれ見て回りましたが意外と『京都限定』と書かれているものは少なくて、どうして一目で『京都限定』と分かるような売り方をしないのだろうか?と思ったりしました。そうした方が僕のような東京に住んでいる人間の購買意欲を掻き立てることができると思いますよ。
Posted by いぬまゆ at 22:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。